2021年12月13日

皆様こんにちは!
第一回目は「地鎮祭~基礎完成」です。

まずは完成イメージです。

北洲ハウジングらしい大屋根のデザイン。
一番の見どころは大きな木製窓(へーベシーベ)です。
今後、実物も出てきますのでお楽しみに。

工事を行う前に「地鎮祭」を行いました。
地鎮祭では土地に司る神々を鎮めて工事の安全と家族の繁栄を祈願します(下野 星宮神社)。

ご祈祷時の写真を(天気にも恵まれ快晴でした)。

こちらは地鎮祭のメイン「鍬入の儀(くわいれのぎ)」です。
「エイ!エイ!エイ!」というご発声で盛砂に鍬を入れます。
この「エイ」は「栄」という意味で「家が栄えますように」と祈願します(※諸説あります)。

こちらが今回の建築地です。
約100坪もある広々とした土地です。

敷地をよく見ると無数の丸い砂利のようなものが…

こちらは地盤改良工事後の砕石杭です!

北洲ハウジングでは環境にも良く、土地の資産価値を落とすことの無い「自然の砕石杭」で地盤改良を行います(※地盤の状況により、砕石杭以外の改良工事になる事もあります)。

いよいよ着工です!

まずは掘削作業から行います。

バックホウというショベルカーで基礎となる部分を掘っていきます。

掘削が完了すると、砕石を敷いて転圧、その後は「捨てコンクリート」を打設し、配筋を行っていきます。

配筋完了後は設計図書通りに配筋できているか確認を行います。
建設担当による自主検査→第三者機関による検査のダブルチェックになります。

基礎のベース部分が完成し、続いて立ち上がり部分の型枠を組んでいきます。

ここにコンクリートを流し込んで固まるのを待つと完成です。

基礎が完成しました!
基礎から何だか飛び出していますね。

短い方は基礎と土台を緊結する「アンカーボルト」、長い方は基礎と壁を緊結する「ホールダウン金物用アンカーボルト」と言います。

この長い方は通常、3階建て以上の建物に取付されますが、
北洲ハウジングの建物では全棟に取り付けています。

建ててからでは見えなくなってしまう部分ですがとても重要な部材です。
住宅会社を決める際には建築現場にも足を運び構造なども是非比較してみてください。

2022年01月10日

皆様こんにちは!
第二回目(建て方工事~断熱・気密工事)の投稿は建設担当の田村が担当致します。

まずは建て方工事の様子です。

予め工場で作成している構造パネルを現場で組み立てていきます。
ズレの無い工事精度は、パネル工場と建て方大工の技術の高さの現れでもあります。

大きなクレーンで作業している光景は圧巻です!

建て方工事が終了し、家の形がわかるようになりました。

大屋根の外観と、よく見ると3本のポーチ柱も印象的ですね!

内部は決められた寸法で木材が整然と並んでおり、ある程度空間の大きさがわかるようになりました。

所々にある黒いA型のものは「MIRAIE」と呼ばれる制震装置で、地震の揺れを抑えることができます。
また、揺れを抑えることで地震の後でも耐震性能を維持することに貢献してくれています!

躯体工事が終了すると、家全体の断熱と気密を確保する工事を行います。

壁と勾配部分の天井にも断熱材を施工し、暖かい家を作っています。
断熱材の室内側に防湿シートを施工することで断熱材内部の結露を防ぎ、断熱性能の低下を防止しています。

こちらは見どころの一つでもある木製サッシです。

全幅がなんと3m以上もあり、とても大きな開口空間を演出してくれます!
大きくても断熱性能はバッチリで、JIS(日本工業規格)で定められた最高等級の2倍以上の性能を有しています。

暖かい家づくりの強力な味方ですね!

こちらは家全体の換気を担ってくれる熱交換気扇です。

各階に1台ずつ設置され、吸排気と同時に空気温度の交換も行えるため、室内温度を大きく変えることなく外部の新鮮な空気を取り入れることができます。

同じタイミングで外側では、屋根工事がスタートしています。

瓦の下に見えるのがアスファルトルーフィングと呼ばれるもので、屋根用の防水処理材料です。雨水の侵入を防いでいます。

瓦はある程度まとめて屋根の上に運び、それから1枚1枚並べて施工します。
大変ですが非常に重要な作業です。