お知らせ

オーナーズサイト/台風の備えは早め早めがポイントです!

2020年08月05日

日本に上陸する台風は年々大型化し、全国各地に甚大な被害をもたらしています。地球温暖化の影響で、台風が今後ますます強大化していくことが懸念されますが、その脅威から家族と暮らしを守るためには事前の備えが何より大切です。「我が家は大丈夫」と思いこまず、普段からご家族皆さまで出来る限りの対策をとってまいりましょう。

今お住まいの場所が災害時にどんな被害が想定されるか、ハザードマップで地域の浸水想定や水害の被害予想、土砂災害の危険性など日ごろからチェックしましょう。また、災害時は回線がつながりにくくなり、連絡がとれない場合があるため、家族でいざという時の避難経路や避難場所、安否確認の方法を相談しておきましょう。

 

 暴風や災害の影響でライフラインが止まったり、道路の通行止めや交通機関がストップした場合、天候が回復しても復旧にしばらく時間がかかる場合があります。年に1回は防災グッズや非常食の足りないものはないか、期限が切れていないか確認しましょう。

 

設備機器の取扱説明書には災害発生時の復旧時の対処、商品お取扱い方法について記載がある場合があります。すぐ確認できるよう、目に付きやすく取り出しやすいところに保管しておきましょう。

 各メーカーのホームページでも対処方法を紹介している場合がありますので、あらかじめブックマークしておけばさらに安心です。ご不明な点がございましたらサポートセンターへご相談ください。

 

 

屋外にある鉢植えや自転車などは、強風に飛ばされる可能性がない場所へ移動するか、しっかり固定しましょう。また、自宅周囲の側溝や排水溝に落ち葉やゴミが詰まっていると、雨水が行き場をなくし浸水のリスクが高まります。雨どいにも詰まりがあると雨水があふれ、軒先や軒裏、外壁を腐食させ浸水してしまう可能性があるので、どちらも掃除をしておきましょう。

 

豪雨に強い風を伴う場合、窓はカーテンを閉め雨戸をしっかり閉め、必要に応じてガラスに飛散防止フィルムを張るなどの補強対策をしましょう。カーテンやブラインドを下ろしておくと、万が一、飛来物などでガラスが割れた時の対策にもなります。

 

防犯・台風・強風対策としてリフォームシャッターが注目されています。

 

室内に浸水する可能性がある大雨が予想される場合は、玄関や敷地の入り口にあらかじめ土のうを準備しておくと安心です。専用品でなくても、重ねたゴミ袋に土や水を詰めたり、ポリタンクに水を入れたもので代用も可能です。

また、もしもの浸水に備えて、高価なものや水濡れを避けたいものは二階へ移動させておきましょう。

 

 

天候が悪化し始めたら事故に巻き込まれないよう、外出や屋外の作業は控えましょう。特に夜間は大変危険です。

強い風が伴う雨が降ると、外壁に付いている熱交換気システムの給気口から雨水が吹込み、水漏れに繋がるリスクを防ぐため、一時的に電源を切ってください。雨風が弱まったら運転再開を忘れずに!

また、停電した時に備えて、通信機器本体やモバイルバッテリーなどの充電を済ませておきましょう。

天候の変化に注意しつつテレビ・ラジオの気象情報や災害情報を確認しましょう。避難勧告などが発令される基準は自治体によって異なり、勧告や指示に強制力はありませんが、台風や大雨などによる水害のおそろしさをあらためて理解し、いざという時には早めに行動することが肝心です。

 

 

 

台風が去ったあとは、建物の内外に被害がないか確認をしましょう!

特に屋根が瓦の場合は瓦がずれ、ガラスの外側に入った傷やヒビ、台風によって飛ばされた多数の葉やゴミが雨どいに溜まっているままにすると、次の豪雨時などに大きな被害に繋がる場合があります。不具合を発見した際は、早めに北洲へご連絡ください。

 万が一、床下浸水、床上浸水に見舞われたり、建物が破損した部分から水が室内に侵入してきた場合は、早急な対応で被害を最小限に抑えましょう。まずは、建物を乾燥させることが大事です。床下や床上に溜まった汚水や泥を外に出し、建物の破損箇所からの雨の侵入を防ぐため、ブルーシートなどを使って応急処置をしましょう。

 火災保険や自動車保険に入っている場合、台風による損害をカバーできる場合があります。お客様の加入されている保険によって適用条件が異なるので、災害に備え、保険の補償範囲を再確認しておくと安心です。被害があった箇所は保険会社に提出する証拠写真として損傷箇所と建物全体の写真の2パターンを撮っておきましょう。

 

 

補修が必要となった場合は、サポートセンターまでご相談ください。

台風などの後はご相談が集中する場合がございます。緊急度合いに応じ、順次対応を取らせていただく場合がございますので、予めご了承ください。