高断熱な家は暑い?夏でも快適な高性能住宅を実現するポイント【北洲ハウジング】

最終更新日:2021年02月05日

「断熱性に優れた家」と聞くと、冬は暖かいイメージだけど、反対に夏は熱がこもって暑いんじゃないの?という疑問を抱く方もいらっしゃるかもしれません。この記事では、そのような方を対象に高断熱住宅と暑さについて解説していきます。

北洲ハウジング編集部

人と自然にやさしく、何世代にもわたって受け継がれ、大切にされる家。劣化するのではなく、豊かに年を重ねた証が刻まれることで、その価値も、住まう人の愛着も増してゆく住まい。この記事は、世界共通の良い住まいづくりを目指す、北洲ハウジングが提供しています。

北洲ハウジングについて詳しくはこちら

高断熱住宅は冬だけ快適?いいえ、夏でも快適に過ごせます

断熱性に優れた北洲ハウジングの高性能住宅
断熱性に優れた北洲ハウジングの高性能住宅

結論から申し上げると、高断熱住宅は何もしなければ暑いですが、少しの対策で快適に過ごすことができるようになります。

高断熱の家は、熱がこもりやすいという特性があります。そのため、窓などから入ってくる日射熱や、人や家電等から発生する熱の影響を受けることで、室内に熱がこもって暑さを感じやすくなります。

一方で、高断熱住宅は夏でも冬でも外気温の影響を受けにくいため、エアコン等を使って一度室温の調整をすれば、家の中を長い間快適なまま保つことが可能となります。断熱性能が低い住宅は外気温の影響を受けやすいため、夏の時期にエアコンを強めに設定しても部屋がなかなか涼しくならなかったり、すぐに暑くなってしまうことがありますが、高断熱住宅ならそのような心配はありません。断熱性に優れた住宅なら少しの工夫によって夏も快適に過ごすことができるのです。

夏の快適性をさらに高めるには気密もセット

高断熱・高気密のパッシブハウス(北洲ハウジング)
高断熱・高気密のパッシブハウス(北洲ハウジング)

高断熱のメリットをさらに強めてくれるのが「気密性」です。気密性が高い住宅(高気密住宅)とは、隙間の少ない住宅のことを言います。

隙間が少ないということは、外気が室内に入りにくく、また室内の空気が外に逃げて行きづらいことを意味します。せっかく高断熱によって外気温の影響を受けにくくしても、気密が甘いと効果は半減します。しかし断熱性と気密性を兼ね備えた住宅なら、魔法瓶のように、長い時間を快適に過ごすことが可能となります。

室温の上昇を防ぐには日射対策(遮熱)も大切

オーニング

断熱・気密のレベルをいくら上げても、ある程度は外気温の影響を受けてしまうことは避けられません。外気温の影響を受ける原因の一つが「日射(太陽の光)」です。日射による室内の温度上昇を防ぐには、日射を入れないこと(遮熱)がポイントです。

  • 窓ガラスの性能を上げる
  • 深い庇を設ける
  • オーニングを設ける
  • 外付けブラインドや遮熱網戸を活用する

といった取り組みを通じて、日射対策を施しましょう。

風を使って熱を外に逃がそう

風を使って熱を外に逃がそう

日射対策に加えて「通風(熱を外に逃がすこと)」も、室内を快適な状態に保ち、暑い夏を乗り越えるのに大切です。

通風には下のようなコツがあります。

  • 空気の通り道を作るため、1か所ではなく2か所の窓を開ける(対角線上の窓を開けるとより効果的)
  • 風の入口になる窓よりも出口を大きく開ける
  • 扇風機やサーキュレーターを活用して風の流れをつくる

なお、帰宅した際にエアコンの電源を入れる前に換気をすると、まず暑い空気を屋外に排出することができるため、エアコンの効き目をよくすることができます。効果的に外へ熱を逃がすため、上手に換気を行いましょう。

夏も冬も快適に過ごせる北洲ハウジングの家

ここからは高断熱・高気密の高性能住宅を実現するため、北洲ハウジングが長年の家づくりで培ったノウハウと高度な設計・施工技術をご紹介します。

ツーバイシックス(2×6)

外力に強いツーバイシックス

北洲ハウジングはツーバイフォー(2×4)よりもサイズの大きい木材である「ツーバイシックス(2×6)」を外壁部分に採用しています。ツーバイフォーも断熱性・気密性に優れている工法ですが、ツーバイシックスはツーバイフォーよりも壁に約1.5倍の厚みがあり、その分断熱材の厚みも増えるため、断熱性能がツーバイフォーよりも高くなります。

▼参考記事
» ツーバイシックスとは?ツーバイフォーと比較したメリット・デメリットについて

W断熱システム(2×6+アルセコ外張断熱システム)

W断熱システム(2×6+アルセコ外断熱システム)

北洲ハウジングでは、従来のツーバイシックス充填断熱(140mm)にロックウール・ラメラ(80mm)を付加した、アルセコ外張り断熱システムを採用しています。アルセコ外張断熱システムは、環境先進国ドイツでトップクラスのシェアを誇る外断熱で、優れた断熱性能を発揮します。

» W断熱システム(2×6+アルセコ外張断熱システム)について詳しくはこちら

パッシブフェンスター

パッシブフェンスター

こちらの画像の遮熱網戸は、「夏の日射遮蔽」と「冬の日射取得」の両方を兼ね備えています。

外付けブラインド

夏の日差しは、カーテンやブラインドなど[窓の室内側]で遮蔽するよりも、[窓の外側]で遮蔽するほうが効果的です。軒の出だけでは防ぎきれない夏の西日対策に効果を発揮するのが、ヨーロッパ生まれの外付ブラインドです。電動昇降なので、とても便利です。

 

暑い夏の時期は網戸やブラインドで日射を遮ることで室温の上昇を防ぎ、寒い冬は網戸やブラインドを開けることで日射を室内に取り入れます。四季のある日本において、気候に合わせた柔軟な対応が取れる優れたアイテムです。

» パッシブフェンスターについて詳しくはこちら

全館空調システム

全館空調

全館空調システムとは、すべての居室、廊下、浴室など建物内全体を冷暖房し、24時間換気を行うシステムのことです。断熱・気密に優れた北洲ハウジングの高性能住宅に全館空調システムを採用すると、少しのエネルギーだけで一年中家全体を快適な状態に保つことが可能となります。また空調と同時に換気も行うため、清潔な空気環境を保つこともできます。

※北洲ハウジングでは、全館空調にもかかわらず部屋ごとに温度設定ができるなどのメリットを備えたエアロテックを採用しています。

▼全館空調について詳しくはこちら
» 全館空調システムとは?メリット・デメリットを比較

蓄熱塗り壁(エコナウォール)

蓄熱塗り壁(エコナウォール)

エコナウォールとは、壁に日射や夜間冷気をためることができる、室内用の塗り壁材です。暑い夏の時期は壁に夜間冷気を蓄えるため日中に温度上昇を抑える働きをし、反対に寒い冬は日中に日射を蓄えて夜に放熱してくれます。室内の温度を一定に保つ働きをするので、エアコンの稼働を減らすことによる電気代の削減も期待できます。

北洲ハウジングでは、お客様に寄り添った住まいを実現するために、お客様の現在の暮らしやこれから実現したいことを、営業担当・建築士・インテリアコーディネーターが細かくインタビューさせていただいた上で設計をしていきます。

「夏も冬も快適に過ごす家を実現するにはどうすればいいのか」など、家に関する疑問をお持ちの方は、ぜひ一度お悩みをお聞かせください。

» ご相談はこちらから

北洲ハウジングの家をもっと見てみたいという方は、カタログをお取り寄せいただくか、展示場へお越しください(いずれも無料です)。

» カタログを取り寄せる

» 展示場のご予約はこちらから
※ご希望の展示場をお選びのうえ、ご予約ください

» お近くの住宅展示場を調べる

▼▼▼SNS更新中▼▼▼
各SNSでも快適な家づくりのポイントをお伝えしていますので、お気軽にフォローしてください。

» Facebookページはこちら

» Instagramはこちらから