憧れのリビング階段!吹き抜けでも寒さで後悔しないリビング階段を実現するポイントとは?【実例あり】

最終更新日:2020年05月28日

開放感が魅力のリビング階段。リビング階段に憧れているという方は多くいらっしゃいるのではないでしょうか?一方で「リビング階段は寒いのではないか?」「吹き抜けでも快適に過ごせる?」などの不安を抱いている方も多いようです。この記事では、失敗・後悔しないリビング階段を実現するポイントについて解説します。

北洲ハウジング編集部

人と自然にやさしく、何世代にもわたって受け継がれ、大切にされる家。劣化するのではなく、豊かに年を重ねた証が刻まれることで、その価値も、住まう人の愛着も増してゆく住まい。この記事は、世界共通の良い住まいづくりを目指す、北洲ハウジングが提供しています。

北洲ハウジングについて詳しくはこちら

リビング階段とは?

シアターリビング、ガーデンビューキッチン・・・南国リゾートライクな住まいで愛猫と暮らす – 北洲ハウジング

ゾーニングの工夫で、愛猫たちと快適に過ごす家 – 北洲ハウジング

リビング内に設置された階段をリビング階段といいます。

「リビングが開放的な雰囲気になる」「家族のコミュニケーションが増える」といった点に魅力を感じ、注文住宅で家づくりをする際にリビング階段を取り入れたいと考える方が多くいらっしゃいます。

リビング階段は寒い?

空気には「冷たい空気は下にたまり、暖かい空気は上にたまる」という性質があります。そのため、1階と2階が一体となったリビング階段は暖かい空気が上に行ってしまって寒くないのか、と不安に感じる方がいらっしゃいます。

確かにリビング階段を導入したご家庭において、「リビング階段とリビングをカーテンやロールスクリーンで仕切る」などの寒さ対策をしているケースがあることは事実です。

ロールスクリーン

その一方で、リビング階段を採用した間取りでも、家の性能にこだわることでロールスクリーンに頼ることなく一年中快適に過ごすことができることをご存じでしょうか?

寒さで後悔しないリビング階段のポイントは「高断熱・高気密」にあり

リビング階段を採用した間取りで一年中快適に過ごすためのポイントは、家の断熱性・気密性にあります。断熱・気密がきちんととれている住宅であれば、リビング階段や大胆な吹き抜けを採用しても、暖かく快適に過ごすことができます。

では高断熱・高気密の住宅はなぜ、リビング階段や吹き抜けを採用しても快適に過ごせるのでしょうか?理由についてそれぞれ見ていきましょう。

高断熱の家は体感温度が高い

「室温」と「体感温度」は別物だということをご存知でしょうか?住んでいる人が感じる体感温度には、室温だけでなく、床・壁・天井の表面温度が関係するため、たとえ室温が同じであっても体感温度は変わってくるのです。下の図をご覧ください。

室温と体感温度、表面温度の比較

左の図は「断熱性の低い家」、右の図は「断熱性の高い家」の体感温度を表した図です。

「断熱性の低い家」は断熱レベルが低いため、冷たい外気の影響を受け、表面温度が低くなっています。結果として、体感温度と室温に差が生じていることがわかります。一方、右図の「断熱性の高い家」は断熱レベルが高いため、外気の影響を受けにくく、表面温度は室温とさほど変わりません。そのため、体感温度も室温とほぼ同じです。

このように、住宅の断熱性能によって住む人が感じる暖かさは変わってくるのです。

高断熱の家は家の中の温度差が少ない

高断熱の家は家の中の温度差が少ない

高断熱の住宅は体感温度が高いことに加えて、家の中の温度差が少ないという特徴があります。

断熱性の低い住宅の場合、暖房をつけている部屋や南向きの部屋だけが暖かく、他の部屋は外気の影響を受けて寒い…といったように、部屋間で大きな温度差が生じます。

一方、断熱性の高い住宅は断熱材で家の外壁部分をすっぽりとくるむので、寒い冬も暖房を適切に使うことで、まるで魔法瓶のように家の中全体を快適な温度のまま保つことができます。

断熱性能を発揮するには高気密であることも大切

高気密の家とはすなわち、隙間のない家です。気密性のレベルが低いと、暖房を使用して部屋を暖めたとしても隙間から熱が逃げてしまうため、断熱性能は十分に発揮できません。暖かい家を実現するためには、高い気密性と断熱性がセットなのです。

暖かい家を実現するためには、高い気密性と断熱性がセット

高断熱・高気密の住宅をつくるための具体的な取り組みについて詳しく知りたい方は、以下の記事も併せてご確認ください。

» 快適な家づくりを実現する3つのキーワード【断熱・気密・換気】

全館空調システムでさらに快適

リビング階段や吹き抜けを採用した家と相性の良い冷暖房設備として、全館空調システムが挙げられます。全館空調システムとは、居室ごとに設置する壁掛けエアコン(個別空調)に対し、すべての居室、廊下、浴室など建物内全体を冷暖房し、24時間換気を行うシステムのことです。

断熱性能を高めたうえで全館空調システムを採用すると、部屋間や上下階間の温度差はほとんどなくなり、家中のすみずみまで快適な温度となります。また空調と同時に換気も行うため、清潔な空気環境も保つことも可能です。

北洲ハウジングでは、全館空調にもかかわらず部屋ごとに温度設定ができるなどのメリットを備えたエアロテックを採用しています。エアロテックについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

» 全館空調「エアロテック」とは?特徴について解説

北洲ハウジングのリビング階段実例集

ここからは北洲ハウジングのリビング階段の実例集をご紹介いたします。一口に「リビング階段」と言っても、取り入れ方によって雰囲気は千差万別です。ご自身の好みに合うリビング階段を見つけていきましょう。

オーナー様のセンスが光るリビング階段

帰りたくなる温もりがある。家と共に生きる歓びがある。家で過ごす時間が好きになる、健康で快適な暮らしの器1

帰りたくなる温もりがある。家と共に生きる歓びがある。家で過ごす時間が好きになる、健康で快適な暮らしの器2

大胆な吹き抜けとリビング階段の両方を採用し、家族とのつながりを大切にしつつ、家じゅう快適に過ごせるお宅です。

吹き抜けにつけられたシーリングファンには部屋の空気を循環させる効果があり、部屋の温度をより均一に近づけるのに一役買っています。

またリビング階段下に設けたオープン収納は、オーナー様のセンスで熱帯魚の大きな水槽やコレクションをディスプレイしたりと、リビングの見せ場となっています。

» 帰りたくなる温もりがある。家と共に生きる歓びがある。家で過ごす時間が好きになる、健康で快適な暮らしの器

生活動線の中心となるリビング階段

ご夫婦のライフスタイルを大切にした、シンプルで明るい住まい

つながり感を持たせたダイニングとリビングに階段を採用することで、より開放的な空間になりました。またループプランを採用し、階段を中心に中廊下を作ることで、動線に配慮しています。

» ご夫婦のライフスタイルを大切にした、シンプルで明るい住まい

床タイルと階段板のコントラストが印象的なリビング階段

白を基調としたアーバンデザインの住まい

こちらのお宅も、大胆な吹き抜けとリビング階段を両方採用しています。階段板にはリビング床の白いタイルとは対照的なダーク色を採用。質感と色の絶妙なコントラストが活きています。

» 白を基調としたアーバンデザインの住まい

家族との会話が増えるリビング階段

吹抜けから心地よい光が射し込む家

吹き抜けと共に採用したリビング階段の横に、煙突が長く伸びた存在感たっぷりの薪ストーブを設置したお宅です。家族が対面する機会が増える点もリビング階段のメリットのひとつです。

» 吹抜けから心地よい光が射し込む家

憧れのリビング階段を実現するなら北洲ハウジング

寒さで後悔しないリビング階段・吹き抜けをつくるポイントについてお伝えしました。北洲ハウジングは高断熱・高気密の住宅を実現するために、ツーバイシックスやアルセコ外断熱システム、木製窓(D-Fenster)、熱交換換気システムなどの技術や設備を採用しています(詳しくは「快適な家づくりを実現する3つのキーワード【断熱・気密・換気】」をご覧ください)。

展示場では、実際に北洲ハウジングの高断熱・高気密な高性能住宅を体験していただけます。

» 展示場のご予約はこちらから
※ご希望の展示場をお選びのうえ、ご予約ください

» お問い合わせはこちらから

» カタログのご請求はこちらから

またSNSでも北洲ハウジングに関する情報をお届けしていますので、お気軽にフォローしてください。

» Facebookページはこちら
» Instagramアカウントはこちら